葉酸をサプリで摂取する|胎児の病気を予防する働き

必要な栄養素を知ろう

料理

女性は胎児を健康的に育てるために妊娠中の食事には特に注意を払うべきです。お腹が空いているからといってジャンクフードやお菓子ばかりを食べていると、胎児の発育に悪影響を及ぼします。また、妊娠中といっても初期や臨月などで摂取するべき栄養素などが変わるので、時期を考えて適切な食事を摂りましょう。
妊娠中、最初の頃は生理がストップしてつわりが始まるので食事をとろうにも胃の不快感から思ったように食事がとれません。そのため、妊娠初期は体調を考慮しながら食べられる時に食べることを意識していきましょう。食事の内容も大豆などの良質なタンパク質や鉄、カルシウム、キャベツなどの食物繊維を中心とした献立にします。無理して全部食べる必要はなく、負担が掛からないように少しずつ食べていきましょう。食事が思うように取れない分、水分補給をしっかり行なって脱水症状が起こらないように気をつけます。また、カルシウムや鉄分以外に、サプリを使って葉酸を積極的に摂取すると良いでしょう。葉酸は胎児の細胞の増殖に必要な遺伝子の合成を促進させる働きがあるので、妊娠中に摂取すると脳や神経、心臓などの器官が健康的に形作られていきます。また、妊娠中の食事に使われる調味料にも気を配るべきです。塩や砂糖など毎日使う調味料はなるべく精製されていない黒砂糖やミネラル分が豊富な塩を使うと良いです。そして、近頃妊娠中の食事が原因で糖尿病になる女性が増えてきているので、妊娠中に食事を摂るときは一日5食に分割するなどの工夫を施しましょう。